はんこ購入の際には書体の種類を把握する

はんこは手彫りなどで制作をしてくれる業者がいますから基本的には制作における書体の種類や素材の種類を把握することによって後悔の少ない購入ができるのではないでしょうか。はんこは頻繁に購入するものではありません。例えば成人を迎える時に親からプレゼントされたりすれば故障や破損がない限り基本的には一生同じはんこを使用することになります。また比較的耐久性が高くなっています。特に実印に関しては持ち歩くことは少ないですから破損などをする機会は極めて少ないと言ってもいいでしょう。これらの理由から頻繁に購入することは少ないと考えられます。もしあなたがはんこを購入する時一生使用することになるためなるべく自分の好みのはんこを購入したいと考えるのが一般的です。そのためにはまずは書体の種類を知りましょう。

書体の種類には大まかに分けて日ごろ良く見慣れている字体に近いものとそうではないものに大別することが可能です。あまり目にする機会がなく、比較的読みにくいものには吉相体や篆書体更には太枠篆書体があります。吉相体は篆書体を継承した書体です。八方篆書と呼ばれることもあります。篆書体を継承したこの書体は可読性が低くなっておりセキュリティの高さが求められる実印や銀行印に採用する方が多いです。

一方で一般的な書体に近いものとしては隷書体や古印体があります。可読性が比較的高いため銀行印や実印ではなく認印などに採用されるケースが高くなっています。

このように購入する際には書体を選択することも重要なポイントの一つですが、その他にも素材の種類や保証サービスの有無など購入する際に知っておきたいポイントを紹介します。